即効性はある?食物繊維が含まれた食べ物による便秘の解消法

食物繊維が含まれた食べ物で便秘を解消しよう

便秘の解消に繋がる代表的な栄養素が食物繊維で、野菜類や豆類といった食べ物の中に含まれています。

 

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

 

この五大栄養素に加えた6つ目の栄養素と言われており、人間の体内の酵素では消化できない難消化性成分の総称です。

 

食物繊維は不溶性と水溶性の2種類に分類でき、それぞれ違ったアプローチで便秘の解消をサポートしてくれます。

 

不溶性食物繊維

水に溶けない性質を持つのが不溶性食物繊維で、野菜類や穀類に多く含まれていて人間の消化酵素では溶けません。

 

「そんな栄養素がなぜ便秘の解消に良いの?」と疑問を浮かべるかもしれませんが、それは腸内で水分を含んで数十倍に膨らんでぜん動運動を活発にしてくれるからです。

 

  1. ぜん動運動は腸が伸びたり縮んだりしながら肛門へと便を運ぶことを指す
  2. 不溶性食物繊維を含む食べ物を食べると活発になる
  3. 膨らんで便のカサが増すので体外へと排出されやすくなる

 

このようなメカニズムで便秘に効き目があり、ポッコリとしたお腹を解消してくれます。

 

水溶性食物繊維

不溶性とは違って水に溶ける性質を持つのが水溶性食物繊維です。

 

こんにゃくや海藻類といった食べ物の中に含まれており、「ヌルヌル」「ヌメヌメ」としています。

 

水溶性食物繊維が腸内へと入り込むと善玉菌が増加して整腸作用が期待でき、同時に悪玉菌によって発生した有害成分を吸着して排泄を促してくれるのです。

 

腸内に硫化水素やアンモニアといったガスが発生しすぎていると、腹部膨満感や腹痛といった症状に繋がりやすく、不要な老廃物を体外へと排出するためにも水溶性食物繊維を含む食べ物を食べましょう。

 

食物繊維で便秘を解消するポイント!即効性はある?

ただ漫然と食物繊維を含む食べ物を食べれば良いわけではなく、便秘を解消するためには「不溶性:水溶性」を「2:1」の割合で摂取するのがポイントです。

 

それぞれ違った効能を持っているのでバランスを重要視しなければならず、不溶性食物繊維ばかり摂取していると便が硬くなりすぎて逆に便秘に繋がる恐れがあるので注意しなければなりません。

 

また、食生活の見直しによる解消法には医薬品のような即効性はなく、毎日少しずつスムーズなお通じができるように対策していく必要があります。

 

そのため、「食物繊維を意識して食べているけれどあまり変化がない」という方は、効果を高めるためにオリゴ糖が含まれたサプリメントのオリゴのおかげを飲んでみてください。